ウィッグの種類

ウィッグの種類

ウィッグの種類に関してです。まず、素材で分類すると、「人毛」、「人工毛」、「ミックス」があります。
人毛は、人間の髪の毛、人工毛はファイバー、ミックスは人毛と人工毛を混ぜてあります。

人毛ウィッグ

人毛は、本物の髪の毛なので、ウィッグだとばれにくいというメリットがあります。しかし、価格も高価で、後染めなので染料が落ちやすかったり、型崩れや痛みやすい等のデメリットもあります。基本的にオーダーメイドなので、自分の頭や顔に合わせてカットされており、違和感が無い場合が多いです。

人工毛ウィッグ

人工毛の場合、比較的丈夫なファイバーですからお手入れが簡単です。しかし、良い商品を選ばないと「もろウィッグ」という感じになってしまいます。コスプレなら、ウィッグ感が前面に出ても問題ないですけど、日常のファッションとして使うなら工夫が必要かもしれません。

人毛ミックスのウィッグ

人毛ミックスも、比較的価格は高めで、医療用ウィッグに使われることが多いようです。人毛がミックスされることによって自然に見え、人工毛が使われていることで扱いやすくなっています。

 

スタイルとしては、フルウィッグとつけ毛(部分ウィッグ)に分かれます。
フルウィッグは、すっぱり被るタイプ、つけ毛は、必要な部分に付け足す感じです。
部分ウィッグは、前髪、お団子、ポニーテール、長さ延長等があります。

 

頭にすっぽりつけない分、頭部が蒸れないですし、アレンジヘアが可能です。
地毛と同じ色に気を付けないと、違和感があるかも知れません。