ウィッグの付け心地は

ウィッグの付け心地は

ウィッグの付け心地についてです。まだ、ウィッグを被ったことが無い方の場合、
ウィッグを付けた感じがどうなのか気になるところですよね。

 

ウィッグを被ると、帽子を被った時のような多少の圧迫感があります。
夏場は、かなり蒸れると思って間違いありません。

 

人工毛の場合は、やはり、被っている感じが強いです。
ウィッグを購入したら、使用する前に、自分に合うように美容院でカットしてもらうと良いです。

 

カットするのを想定して前髪も長めになっていますし、レイヤーを入れないと厚ぼったい感じがするのがほとんどでしょう。ただ、髪の毛をカットするハサミで人工毛はカットできませんから、ウィッグをカットできる美容院を探します。

 

前髪だけなら自分でカットすることも可能ですが、失敗すると、人間の髪の毛のように生えてきてカットし直すということができません。また、被った際につむじに違和感がある場合は、つむじ部分の人工毛を起こすような感じでクシをギザギザに動かして毛を起こします。人間のつむじを見て同じような感じで自然に見えると良いですね。

 

また、不自然にウィッグが輝いている場合、ベビーパウダーを振り掛けてなじませると良くなるという方もいます。一般的に安価なウィッグも高価なウィッグも被り心地はあまり変わらないという感想が多いようです。