フルウィッグが激安

女子高生に大人気のフルウィッグ

★フルウィッグ・ポイントウィッグで簡単にイメチェン

 

日本の女子高生はオシャレに敏感で、かわいいものが大好きで、アパレルの間隔が研ぎ澄まされています。そんな日本の女子高生や20代の女性を中心にウィッグは大人気です。

 

ウィッグを使えばプライベートでどんな髪の毛の色でも楽しむことができます。もし、黒髪指定の学校だったとしてもプライベートでウィッグを使えば金髪を楽しむことができますし、茶髪を楽しむことができます。自分の好きな髪型や髪の色を楽しむことができて、オシャレの幅が広がります。

 

 

学校に通っていると校則で髪型を自由に楽しむことができませんよね。
多くの高校でヘアカラーは禁止されていますし、パーマも禁止されています。

 

部活をしているという人なら、さらに規制が強くなって、
制限されてしまうことも多く、ショートヘアーを強制されることもあるでしょう。
そんな時にもウィッグは大活躍しますね♪


フルウィッグには色々な種類がありますが、10代20代の子が使っているのが人工毛のウィッグ
本物の人毛ウィッグは主に医療用で使われていて、オシャレウィッグに使う人はいません。

 

人工毛ウィッグは質の面では人毛に負けますが、値段が安いのが特徴です。でも最近の人工毛ウィッグは安いのに、耐熱だし人工つむじまでついているので、高品質でほぼバレません。

 

ショート・ボブ・ロング・巻き髪・前髪パッツン・お団子など色々なウィッグがあるので是非お気に入りのウィッグ・フルウィッグを見つけてください。


高品質なフルウィッグが買える通販サイト一覧

Aquadoll(アクアドール)

種類やカラーが豊富。グラデーションウィッグも



圧倒的な種類とカラーの豊富さで雑誌にも多数掲載されている人気のウィッグ専門店がアクアドール。ロング、ミディアム、ショート、ポイントウィッグと何でもそろいます。ウィッグは全て高品質な人工毛で180℃耐熱なのでヘアアイロンはコテももちろんOK。カラバリは基本18色でグラデーションカラーのウィッグまであり。アウトレット価格でお得なセールもチェック。

価格

フルウィッグ2,900円〜4,980円、ポイントウィッグ950円〜

支払方法

代引き・銀行振込・クレジットカード・コンビニ払い

Linea-Storia(リネアストリア)

自然な光沢でばれない!安いのに高品質なウィッグ

 


フルウィッグ・ハーフウィッグ・ポニーテール・お団子・前髪・キャップウィッグなど種類が豊富に選べるウィッグ専門店。全てが耐熱ファイバー製でヘアアイロンやコテも使用OKで全て専用ネットやコーム付き。フルウィッグだけで全42種類で最大18カラーから選べます。髪の光沢が自然でバレないウィッグとして読モやブロガーが購入してるのもこの店。カラー交換もOK。

価格

フルウィッグ2,900円〜4,850円、ポイントウィッグ970円〜

支払方法

代引き・銀行振込・クレジットカード・コンビニ払い・郵便振替・AUかんたん決済

StarRich(スターリッチ)

国産の高品質な人工毛を扱ったウィッグ専門店



StarRich(スターリッチ)は実店舗もある有名なブランドウィッグ専門店。日本産の高品質な人工毛ファイバーのウィッグは180℃耐熱で人毛に一番近いので、さらさらの手触りで絡まりにくく自然な装着感。長持ち度も他とは違います。全31色+コスプレWIG色10色と種類もカラーも豊富で、15時までのご注文なら最短で翌日午前に到着するのも嬉しい所。

価格

フルウィッグ1,840円〜4,980円、ポイントウィッグ780円〜

支払方法

代引き・銀行振込・クレジットカード・コンビニ払い

DIVA(ディーバ)

高品質なのに低価格なウィッグ専門店



DIVA(ディーバ)は高品質なのに低価格というのがウリのウィッグ専門店。カラーは定番のブラックから一番明るいハニーベージュまで全部で11種類から選べます。ウィッグの品質には定評があり、特に美グラデーションウィッグがバカ売れ中。もちろん180℃耐熱ファイバーになっているのでコテやヘアアイロンやドライヤーも使用可能。

価格

フルウィッグ2,980円〜4,280円、ポイントウィッグ980円〜

支払方法

代引き・銀行振込・クレジットカード・コンビニ払い

コスプレウィッグ(シベラス)

コスプレ用に使えるウィッグ専門店



シベラスは全国のコスプレイヤー御用達のコスプレ用ウィッグの専門店。普通のウィッグ専門店にはないビビットピンクや水色や紫などのド派手なカラーや膝まで届くような長髪のウィッグがあります。また例えば初音ミクや綾波レイなどアニメキャラクター用のコスプレウィッグも人気。

価格

フルウィッグ2,900円〜、ポイントウィッグ1,900円〜

支払方法

代引き・銀行振込・クレジットカード・コンビニ払い・郵便振替

バイト先や学校でばれないフルウィッグ

例えば、バイト先など職場や学校などで黒髪にしなければいけないのに、
自分の髪の毛は茶髪や金髪にしたいなんてことありますよね。

 

そんな時、ウィッグを付けてアルバイトしている方もいます。

 

もし、ロングヘアの場合、結ばないとNGなら、ボブヘア等のウィッグがオススメ。真っ黒が似合わない時は、やや茶色がかって見える黒を選ぶと自然に見えます。真っ黒だと重く見えて違和感を感じる場合があります。

 

ロングヘアーのウィッグを結ぶことも可能ですが、ボブヘアーの方がより自然に見えると思います。

 

おしゃれウィッグではなく、バイト用にするなら尚更、つむじ部分が自然に見えるウィッグがベストです。つむじには、人工地肌や医療用クリスタルネット等があります。医療用のウィッグは病気の人が主に使うもので値段も高いので、人工つむじ付のものを買いましょう。

 

※上記のランキングで紹介しているサイトなら人工つむじ付きなので安心。

 

人工つむじのウィッグならかなり安く購入する事ができるのでお勧めです。

 

また、キャバクラで働くキャバ嬢が華やかに見せるために、色んなウィッグを使うなんていう事も結構あります。普段使いの人以外にもフルウィッグは色々な使い方ができますね。


フルウィッグのお手入れ方法

フルウィッグは、外したらウィッグスタンドにかけてウィッグ用のブラシでとかします。
使用で付着したホコリ等を取り除き、絡まりを取っておきます。

 

 

毎回洗うと、ウィッグが痛みます。
ウィッグは、人毛にしても人工毛にしても洗えば洗うほどダメージが大きくなると覚えておきましょう。夏場は、毎日のようにつけるという方の場合でも

 

月に2〜3回、冬は月に1回程度が上限です。


また、人毛は、シャンプーで洗っても大丈夫ですが、人工毛の場合、絶対的にウィッグ用のシャンプーを使いましょう。人工毛は髪の毛ではなく、ファイバーですので、素材に合った洗浄液を使わなければいけません。下手をすると、化学変化を起こしてしまう可能性もあります。

 

※ウィッグ用シャンプーがない場合はシャンプーなしで水(またはぬるま湯)で洗ってもOKです。

 

ウィッグの洗い方

洗い方ですが、事前にホコリや絡まりを取り除くためにブラッシングしておきます。
洗面器に水かぬるめのぬるま湯をはり、シャンプーを入れて混ぜ、ウィッグを浸します。

 

軽く押し洗いして優しくすすぎます。広げたタオルにウィッグを置き、上からタオルで押すように水分を取り、ウィッグスタンドに置いて日陰で自然乾燥します。

 

濡れた状態でブラッシングすると痛みますので、完全に乾いてからブラシで整えます。
人工毛用のシャンプーを持っていない場合は、水に近い水温のぬるま湯につけ置き洗いしましょう。